人生自主休講

偏差値3が語る人生

童貞の卒業式②

童貞の卒業式②

前回はこちらから https://www.teihendaigaku.info/entry/2020/05/04/200010

 

大人になるとはどういうことか。

スーツを着て仕事に行くことか

お酒を飲んでタバコを吸う人か。


それもいいだろう。
僕は今、答えるとしたら
日々の日常が緩やかに変わっていくことが大人なんだと思う。

例えば、揚げ物にソースをかけていたのをポン酢に変えたり
大根おろしをつけたりすることだろうか。

 

でも昔の僕の大人のイメージは違った。

”セックスをする”

この1点で大人か大人じゃないかの判断をしていた。

童貞は大人じゃない。
子供がいる大人は大人だし、風俗に行ってる人は大人だし
大人の大半は大人だと思っていた。
でも実際は、大人は意外と大人じゃないし
子供はもっと子供だ。そんなものなのだ。

 


コンドームという大人の片道切符を手に入れた僕は、
どこまでもいけそうで、どこまでもイけそうだ。
性欲はとどまることを知らない。
まるで資本主義の経済のように成長し続ける。
打ち止めしてしまっては”男”として終わりなのだろう。
だから性を求め続けるのだ。

f:id:bandTEIHEN:20200505105353j:plain


かっこいいことを言っているが纏めると
”セックス”がしたいだけなのだ。
”セックス”が全てなのだと本気で思っていた。

 


エロの力は偉大で、僕に勉強するということを教えてくれた。
実際、会った時どんな感じでするのか
どこに入れるのかを間違わないように必死にAVで勉強した。
FC2AVは性春の1ページだ。

 


オフパコの約束をした女の人と会う前日から緊張した。
遠足に行く前、修学旅行に行く前、受験に行く前、
数々にドキドキした経験があるがこの時の感情はドキドキではないのだろう。
あえてオノマトペで表すとしたらムラムラが適切だ。
ムラムラしていた。このために5日もオナ禁をした。
中学で初めて抜いてからほぼ毎日欠かさず抜いた気がする。
1日に2回や3回する日も当然あった。
がしかしこの時は5日も我慢したのだ。
AVを見て勉強しながら抜かないというのは
砂漠で水を飲まない行為と同じ。
死と隣合わせ。
そう、生と死。性と死。精子

 


当日、深呼吸をしながら相手のアイコンとプロフを見返す。
24歳の会社員。お姉さんが好きな僕としてはドンピシャ。
加工アイコンの自撮りだったが僕の目に狂いはない。
間違いなく美女。芸能人で言えば吉岡里穂似。
暇と寂しさでネットの海を彷徨っていたらしい。

 

電子の海から漂流していた吉岡里穂を拾えた奇跡を噛みしめて
待ち合わせ場所に向かう。
ボルテージと股間の高まりを抑えれそうにない。
初めてが吉岡里穂とはあまりにも贅沢ではないのか。
時代が時代。もしも戦時中だとしたら国民精神総動員のスローガン
贅沢は敵だ」に基づいて僕は非国民としてしょっぴかれていただろう。
平成に感謝、顔射。

 


待ち合わせ時間は6時。
僕が着いたのは5時。
いつもは怒られない程度の遅刻を繰り返すのだが
この時だけは別。一生に一度あるかないかのチャンス。
5分程度の遅刻でお流れにしては僕の精子は浮かばれない。
こいつらの命を救うのは僕しかいないのだ。

 


時の流れは凄く進みが遅く感じた。
夏の暑い時期はボーっと突っ立ってるだけで汗をかく。
それに加えて、蝉の合唱にストレスを感じる。
耳に蓋をするように金のないミュージックFMで音楽を聴く。
1分毎に携帯を確認したり、まさに
童貞隠して性欲隠さず。
行動が童貞なのだ。
5時50分ほどだ。
相手から到着の連絡が来たので
服の特徴を教える。

お父様、神様、仏様。
今日、僕は大人になります

 


2分後
ドン!!!!!!!

 

第一声「え、かわいい~ じゃホテル行こうっかw」

 

f:id:bandTEIHEN:20200505104937j:plain


マスクをしていたが理解した。
吉岡里穂ではない。どっちかと言えば朝青龍だ。
吉岡里穂と朝青龍のどっちかをする機会は間違いなくこの機会だけだ。
ここに四股を踏みに来たわけではない
シコをしにきたのだ。
これじゃ夏場所開幕してしまう。
あまりの衝撃に声が出なかった。

 


「緊張してるの?かわいい~w」
緊張で決して声が出ないわけではない
広告詐欺だ。消費者庁が動く出番。
夏のせいか頭が回らない。
頭で回っているものと言えば
土俵の上で宣伝しているお茶漬けの広告達くらいだ。

 

 

流されるままにホテルに着いてしまう。
よく見ると手首に傷がある。
チャーシューの紐で縛った後かと思っていたが
後々わかるがリストカットの跡だった。


相手から会話振ってもらって申し訳ない気持ちはあったので
気になっていたことを聞いた


「結構経験あるんですか?」

 
「うん 15人くらいかなぁ〜」

 
15人..??
15人の男たちがなぎ倒されてきたのか??
15勝つまり千秋楽優勝。
そんな冗談を考えてるうちに状況は悪化するばかり。
どうにかしてこの状況を打開しなければ。 

「喉かわいたなぁ~」
マスクを外し水を飲んでいる朝青龍ちゃんを見て更に驚いた。
歯が真っ黒なのだ。


メンタル崩壊半泣きだ。
童貞卒業を夢に見てここに来たはずなのに
今は留年を希望している
こんなことならば童貞でいい
一生童貞を貫いてもいい
だから許して欲しい
キリスト、ムハンマドアッラー誰でもいい。
助けてくれ。

神への祈りは通じたように彼女はお手洗いへと向かった。

f:id:bandTEIHEN:20191128170644p:plain

 

 

急いでかばんを持って逃走。

九死に一生を得た。

 

 

家帰ってむちゃくちゃ抜いた。