人生自主休講

偏差値3が語る人生

BUMPの深さはまるで深海の中に谷底があってその下にブラックホール

どうも底辺大学生です


Twitter https://mobile.twitter.com/bandTEIHEN

 


たまには僕の好きなものを語ります


皆さんBUMPって知ってますか?
BUMP OF CHICKENです

f:id:bandTEIHEN:20200105153623j:image


そうあの「天体観測」のバンドです


これを機にいろんな曲を知ってもらえたらと思います


ちょっと盛りました


別に曲を知らなくてもいいのでBUMPを知ってくれたらと思います


それでもしも、ふと時間がある時にこの記事を思い出して曲に触れてくれたら書いた意味が出ると思うので


天体観測だけがBUMPじゃないと言うことを伝えれたらいいと思います


https://youtu.be/_4BLiOP1aaY

 

 

「寂しくなんかなかったよ ちゃんと寂しくなれたから」BUMP OF CHICKEN / ray


この文章 書こうと思っても書ける人間なんて一握りいるのか?人類の到達点のようなフレーズ


ある人と離れ離れになって寂しくなれたことによって、一緒にいたその時は寂しくなかったことを実感したことを表しているのだが


離れて寂しかったことをここまで悲壮感ある言葉にできるのは流石としか言いようがない

 

 

 

https://youtu.be/WRSNKvc9NpY

 

「わざわざ終わらせなくていい どうせ自動で最後が来るでしょ その時を考えても意味がない
借りてきた答えしか出てこない」
BUMP OF CHICKEN / モーターサイクル


人生について書いた曲


人生と言っても大きく考えるのではなく目の前の生活。身近な日常を捉えて書いた曲。


ここの部分の歌詞は自殺について書いている


死んで自分の命を終わらせなくていいんだ
勝手にその時が来るんだから と
死ぬ時のことを考えてもどうせ死んだ後の世界なんてわかんねえんだから 


正直、死ぬことを考えたことが何回もある
死ぬ勇気なんてないんだけど生きる気力もない
死ぬより酷い状態なんじゃないかなって
そんな時、この曲を聴いて生きることを少し知れたと思う。

 


「もう動かない猫の名に
アルファベット1つ 加えて庭に埋めてやった
聖なる騎士を埋めてやった」BUMP OF CHICKEN / K


僕をBUMP沼に引きずり込んだ曲
BUMPの特徴としてストーリー性のある曲がよくあります。まさにこれはストーリーの曲で1つの短編小説を読んだ気になれます。
この歌詞は最後の3行なのですが
歌詞の意味はここでは触れません
ここで触れては勿体無いです。
是非とも聞いてからこの曲の解釈を検索してください。

 


「隣人は立派 将来有望 才能人
そんな奴がさぁ 頑張れってさぁ
怠けて見えたかい そう聞いたら頷くかい
死にたくなるよ 生きていたいよ」

BUMP OF CHICKEN / 才悩人応援歌


タイトル誤変換?
ううん あってます
''才能''に''悩める人''の歌です
隣の奴は優秀 僕だって負けじと頑張ってる
なのにそいつがかけた言葉は
「頑張れ」
十分頑張ってるでしょ?手を抜いてるように見えた?
頑張りが結果に出てないから見えない
そう考えると死にたくなって
でもやっぱ結局生きてたい 人間だから


この曲は非常に人間味が溢れた曲
まるで曲自体が生きてるのかなって思えるくらい

 


絶対この経験みんなあると思うんですよね


これ以上、何を頑張ればいいのかわかんない時って
そんな時はこの曲を聞いて解決の糸口が見つかればなぁって思います


ということで今回は4曲ほど紹介させて頂きました
これ以外にも、もっといろんな曲があるし
少しでもBUMPを知って貰えたらなと思います